仏前式とは

photo-155

仏に結婚を誓い、報告する様式です。

1892年に浄土真宗本願寺派の藤井宣正が東京白蓮社会堂に結婚式を挙げ、
各宗派において仏前結婚式が普及され始めました。

菩提寺の本堂にて行なう場合が多いが、本尊を安置して公民館や、
家庭でも挙式は可能です。

具体的な式順は宗派によって多少の違いがありますが、
住職(司婚者)と参列者一同が、本尊に結婚を奉告し、
住職から終生仏教徒として守るべき事柄について諭しを受け、
記念の念珠を拝受、互いに敬愛を誓いあう誓紙に署名した後、
三三九度の杯を交わすのが大筋である。

ほぼ仏教関係者に限られており、一般的にはほとんど行われていない。

仏式の結婚式があまり浸透してこなかった理由としては、神前式がこれまで一般的で、
仏教徒であっても日本人の宗教意識の中ではそれを違和感なく受け入れてきたことや、
そもそも仏教が結婚をそれほど神聖視してこなかったことがあげられる。

近年では、仏前式を行う方も増えてきました。
ボン・マリアージュでは国宝文化財である永保寺での
挙式をオススメしています!!

 

←前のページに戻る